代表者プロフィール

氏名 竹上将人
学歴 静岡大学 人文学部 経済学科卒 岐阜県立多治見北高卒
資格 中小企業診断士・行政書士、経営革新等支援機関、事業継続管理者、ターンアラウンドマネージャー(中小企業事業再生マネージャー)

得意テーマ BCP、事業再生・経営計画策定、ウェブマーケティング及びマーケティング全般

公職等 平成29年度(公財)岐阜県産業振興センターものづくりコーディネータ(経営担当)、平成25年度名古屋市ヘルスケア産業参入支援事業 事業コーディネーター、(公財)あいち産業振興機構登録専門家、名古屋市新事業支援センター登録専門家、ミラサポ登録専門家

その他 愛知県中小企業診断士協会 BCP&リスクマネジメント研究会代表

職務要約・経歴

名古屋市交通局(市バス・地下鉄の公営企業)にてウェブマスター・ウェブマーケティング業務等を経験後、名古屋市中小企業振興センターにて、中小企業診断士として中小企業に対する経営診断業務、BCP策定支援・啓発普及業務を5年経験しました。平成26年4月に竹上経営コンサルティングオフィスとして独立しBCPをメイン業務にウェブマーケティング、事業再生などの経営コンサルティングやセミナー講師として活動しています。

とくにBCPコンサルティングの実績はトップクラスで、これまで製造業、建設業、介護施設など数十社のBCP策定支援を行っています。また、セミナー講師として、名古屋商工会議所、岐阜商工会議所、羽島商工会議所、あいち産業振興機構、名古屋市、豊川信金などBCPを中心に実績があります。

代表あいさつ

私の前職は名古屋市の公的機関に所属する中小企業診断士でした。公務員の中小企業診断士という立場で中小企業の経営計画策定、マーケティングなどの経営支援、経営診断を行っていました。2011年3月には東日本大震災があり、名古屋市でも中小企業のBCP策定支援に力を入れることになりました。そのときに、上司から指名されBCPの担当をすることになり、これが私と「BCP」の出会いです。その後、中小企業の経営診断業務は市の外郭団体に移っていき、どうしても現場から離れていかざるを得ない状況になってきました。もともと現場主義者である私は公務員として机上での政策立案よりも、現場で中小企業を支援する道を選ぶために独立開業という道を選択しました。周りの方からは「安定した公務員を辞めて、明日をも知れぬフリーランスの道を選ぶなんてあり得ない。」というご意見もたくさんいただきました。「何もしなくても、何かやっても後悔することは同じ、それなら自分の志を大事にしよう。」そんな思いで、この道を選びました。 その熱い志を胸に2014年4月に独立「BCP」や「経営計画策定」等を中心に活動しています

経営理念

環境変化や危機に対ししなやかで強い企業づくり=100年企業づくりを支援することで、日本の経済レジリエンス(しなやかで強い経済)に貢献する。

レジリエンス(resilience)は、日本語訳をすると「弾力」や「復元力」、「回復力」を意味する言葉です。近年、国土強靭化=ナショナル・レジリエンスが叫ばれ、災害が多発するなかでしなやかで強靭な国土づくりが叫ばれ、国もBCPの普及に力をいれています。BCPは地震などの災害時に事業を継続するための計画と考えられていることが多いですが、本来は災害に限ったものではなく、広い意味での事業継続の計画や活動を意味するものでした。

このことは、新型コロナウィルスのパンデミックにおいて、はっきりしました。コロナの蔓延のなか、需要がなくなった飲食店や旅館にとっては、新型コロナという災害が直接的な理由ではなく、コロナにより需要が蒸発してしまったことが事業継続にかかわることでした。従来の災害だけの視点からのBCPでは通用しなくなったのです。

当事務所も防災という視点だけではなく、現場に入り人づくり、組織づくりから支援し、レジリエンスの高い企業づくりを支援するとともに、BCPのコンサルティングだけではなく事業再生・経営計画策定のコンサルティングも行い、環境変化に対応できる企業づくりを支援しています。

BCPコンサルタントは防災には強いが企業経営には詳しくないコンサルタントも多いですが、BCPは経営活動の一つであり、経営に詳しくないコンサルタントでは防災対策はできても、実効性の高いBCP策定は難しいでしょう。そのことは、中小企業庁はBCP策定を支援する人材として経営に詳しい中小企業診断士を位置づけようとしていることにもあらわれています。

プライベート

趣味

プライベートでは旅行を趣味としており、とくに世界遺産が大好きです。今まで行った国、韓国、中国、台湾、タイ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、インドネシア、アメリカ(ハワイ)、ヨルダン、UAE(ドバイ)、イタリア、ドイツ、オランダ、フランス、オーストリア、チェコ。

家族

妻と愛犬のあずき(チワワ)とラン(マルチーズ)の4人暮らし

 

BCP認定支援等

  1. 内閣府のBCP認定制度であるレジリエンス認証を取得することで取引先の信頼を得ることができます。
  2. 介護施設ではBCP策定と災害時のシミュレーション訓練の義務化が検討されています。
  3. 当事務所では中部地方整備局事業継続力認定制度取得支援を68万~承ります。