業務案内

弊所の事業コンセプトは100年企業づくり支援です。企業が継続するために業績の悪化した企業には企業再生を、それ以外の企業には経営者の死や災害というリスクに対応するための事業承継やBCPのコンサルティングを通じて支援していきます。その他、補助金申請や参拝許可診断など様々な業務を得意としています。

コンサルティング

①事業再生

リスケ中の企業など業績が悪化している企業の経営改善計画の策定及び実行支援を行います。
認定支援機関を持つ他の中小企業診断士や税理士と連携していますので国からの2/3補助金を受けながらの経営改善計画の策定を受けることができます。

②BCP

BCP(災害時のための事業継続計画)の策定支援を行います。BCPの策定支援の経験を持つ数少ないコンサルタントです。取引先からBCPの策定を求められた場合などお気軽にお尋ねください。

③レジリエンス認証

国が行っているBCPの認定制度です。認定を取るにはPDCAが回っているか?経営者によるリーダーシップが取られているかなどのポイントがあります。BCPに精通しているコンサルでないと認証を受けることが難しくなっています。

④民事信託

他の中小企業診断士と大きく違うところは、民事信託を活用して事業承継や財産運営の対策を行う業務を行っている部分です。遺言や後見制度ではできなかった事業承継やリスク対策を行います。

⑤その他事業承継対策

後継者教育や知的資産経営など経営承継にも力を入れています。

書類作成等

①産業廃棄物許可申請、産業廃棄物許可申請時の財務診断書の作成

中小企業診断士と行政書士のダブルライセンスでワンストップで産廃許可申請をお手伝いします。

②各種補助金の申請

ものづくり補助金、創業補助金など補助金申請書の作成・アドバイスを承ります。
補助金申請時の事業計画づくりは中小企業診断士をはじめ経営コンサルタントの仕事、公的機関に提出する申請書の作成及び申請代理は行政書士の独占業務です。 弊所では中小企業診断士と行政書士のダブルライセンスですので両方のご要望に対応できます。

中小企業診断士を含め経営コンサルタントが事業計画の策定だけではなく補助金の申請書を作成、提出するケースもあるようですが法令違反となります。中小企業診断士やコンサルタントに頼んだ場合は事業計画策定のコンサルティングを受けて、書類は自ら作成する必要があります。逆に行政書士の多くは許認可には詳しいですが経営についてわかる方は非常に少ないというのが現状です。

Copyright(c) 2015 竹上経営コンサルティングオフィス All Rights Reserved.