売上アップを図りたい方へ

弊所のマーケティングコンサル

私の得意分野の一つがウェブや営業の仕組みづくりなどのマーケティング全般です。多くのコンサルは営業のみ、ウェブのみなど一分野のみが得意というケースが非常に多いですが、私の場合は前職でのウェブマスターとしての経験と顧問先等に対する営業の仕組みづくりの経験、小売業のお店づくりを支援した経験などから「売上を上げる」という問題解決をトータルにサポートする力があると自負しています。

中小企業のウェブマーケティングの手順

中小企業のウェブマーケティングで重要なことは、まずウェブを運営する位置づけを明確にすることです。ウェブから直接集客する場合と、営業を行ううえでのツールとして使う場合とは明確にコンテンツ内容や取組が違ってきます。人材確保にウェブサイトを使うケースもありうると思います。

位置づけが決まれば、顧客ターゲットを明確にします。そして、どのようなケースにターゲット顧客がウェブサイト利用するかの利用シーンを明確化していく作業が必要になります。ホームページにやってくる顧客はなにか課題や問題を解決したくてアクセスします。つまり、お客様はドリルが欲しいのではなく、穴が欲しい。商品が欲しいのではなく商品を利用して問題解決がしたい。この会社なら自分のもっている問題、課題を解決してくれると思ってもらえるコンテンツを用意すれば問い合わせにつながります。それは、自社の商品で、どのように問題解決できるかという提案である場合もありますし、信頼性を高めるためのお客様の声であったり、実績の一覧であったりします。ターゲット顧客やターゲット顧客の自社サイトの利用シーンを想定しながら、その顧客がどのような課題を解決したいか、どのようなコンテンツであれば自社なら課題の解決に至ると思ってもらえるかを考えてコンテンツを計画します。

SEOが必要な場合にはターゲット顧客にあったキーワードの設定から、被リンク、サイトの更新頻度などを考えていきます。
ECサイトなどの場合にはウェブサイトそのものよりも、顧客データを整備してメールでの接触を高めていくことが効果を発揮する場合もあります。業種によってはソーシャルメディアが力を発揮するケースもあります。

営業の仕組みづくりについて

準備中

Copyright(c) 2015 竹上経営コンサルティングオフィス All Rights Reserved.