士業の皆様

幣所では、税理士、行政書士、社会保険労務士、弁護士、司法書士など様々な士業の方と連携し、それぞれ得意分野を生かしながら中小企業の支援を行っていきたいと考えています。お互い、補いながらWinWinの関係づくりを目指しています。

具体的には、認定支援機関を持つ税理士の方と連携して、事業再生にあたり、財務デューデリーは税理士、事業デューデリーと経営計画を中小企業診断士である私が担当することもあります。これまで税務申告しか経験はないけれど、認定支援機関も取り、TKCの研修などを受け事業再生に取り組んでいきたいという税理士さんは、どうしても事業面のコンサルティングが弱い部分があります。ご依頼があれば事業デューデリーやマーケティング・人事といった事業面の経営改善計画の策定を共同受任することもできます。逆に事業再生ではなく、法的な整理が必要な案件などは弁護士さんにお願いするケースもあります。事業承継の場面では相続関係で税理士さんのお力を借りる必要がある場合もあります。

また、行政書士の方より産業廃棄物許可の診断書の作成のご依頼をいただくこともあります。逆に外国人の在留資格・永住・帰化に関する手続や建設業の許認可などで専門の行政書士の方にお願いすることもあります。

助成金を中心に行っている社労士さん経済産業省系の補助金申請の依頼を受けることがあります。経済産業省系の補助金申請は行政書士の独占業務ですが、ものづくり補助金など事業計画の立案が必要な補助金は中小企業診断士などの経営のことがわかる人をお客様に紹介したい場合もあると思います。弊所は中小企業診断士と行政書士のダブルライセンスの事務所ですので、そのような場合にも対応することができます。逆に、幣所のお客様で助成金を申請したい(とくに事業再生中の場合は雇用調整助成金の申請を行う場合があります。)就業規則を作成したいという場合に社労士さんのお力をお借りする場合もあります。

税理士の方や弁護士の方からお客様の経営相談に乗ってほしいというご依頼もありますが、私はミラサポなど公的機関への専門家登録も行っていますので、謝金のお支払の難しいお客様でも3回程度までは無料での相談対応が行える場合もあります。

様々な専門家のネットワークを駆使して、お客様により高いサービスを追及することが弊所のコンセプトです。
061

関連リンク

竹上行政書士事務所(産業廃棄物許可・経営診断書の作成

事業再生について

Copyright(c) 2015 竹上経営コンサルティングオフィス All Rights Reserved.