新型コロナウィルスによる休業対策

2020-02-29

新型コロナで臨時休園のディズニー・USJについて働く人の給料は「規定に基づいて補償」というニュースがあった。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e58c565c5b60102210ecfca?fbclid=IwAR0meqxQKt9Lol-f7_evKzBpjqV27STvbsjeIuVVK3dN45qj1eq8h7KG2Dg

中小企業の場合、健康な社員に対し蔓延を防ぐために休業させた場合にディズニーランドと同一の対応は難しい。東日本大震災の時には、事業縮小したケースに雇用調整助成金が出されたが、コロナなどの感染症の場合は、自主的な縮小と見做されてしまうと助成金が出るのか?

新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限や入院勧告により労働者が休業する場合は会社に休業手当の支払い義務はない。従業員は健康保険の傷病手当金を受給することになる。
やっかいなのは感染の疑いがあって休ませる場合。自主的に有休を使ってもらえればいいが。

感染の疑いがある場合
①会社の指示で休む場合
直近3ヶ月間の平均賃金を支払う必要
②自主的に休む
会社に支払い義務はないですが健康保険から傷病手当金が支払われる。

こんな感じになる。
①について、やはり雇用調整助成金でなんらかのフォローができるような対策は必要だろう


コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2015 竹上経営コンサルティングオフィス All Rights Reserved.