新型コロナウィルスに対するBCP対策

2020-02-25

新型コロナウィルスに対するBCP対策をまとめます。

感染症対策

①アルコール消毒、手洗いの徹底
②従業員同士の接触を減らす
食堂の時差利用など
③来訪者管理の徹底
検温を行い、発熱している場合は、入場を拒否
④通勤方法の変更
時差出勤や自家用車、自転車などによる出勤の推進
⑤その他
・職場における感染の危険性を評価。感染の危険がある場所については、対人距離(2 メートル以上)を確保
・全従業員に、定期的な検温を徹底し、発熱などの症状がある場合は、出社しないよう指導

BCP対策
①複数班による交替勤務の実施
・発症していない従業員をいくつかの班に分け、班ごとに勤務班と自宅待機班に分類して、一定期間ごとに交替する。
・就業している従業員(勤務班)の中から感染者が出た場合、自宅待機していた班が代替要員として就業する。
②在宅勤務の実施
ZOOMなどパソコンによる会議。VR会議など
③クロストレーニングの実施
一人の従業員がいくつかの業務をこなせるようクロストレーニングを実施
④在庫品の積みまし
毎月の部品発注を必要量よりも少し多めに行い、徐々に積み増していくなどがあります。


コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2015 竹上経営コンサルティングオフィス All Rights Reserved.